会社概要・沿革OVERVIEW & HISTORY

会社概要・沿革

概要

社名
株式会社アルシス
資本金
69,000千円
代表者
代表取締役社長 田村 淳
所在地
[本社] 〒939-2741 富山県富山市婦中町中名1554-19詳細地図
事業内容
アルミ押出設備、産業用搬送設備、アルミ押出材及びビレット切断設備の設計、製作、据付、試運転
従業員数
22名(2016年4月現在)
海外拠点
ALSYS(THAILAND)Co.,LTD.
101/119 Moo 20
Phaholyothin RD.,Klong Nueng Klong Luang,Pathumthani 12120,Thailand
TEL: 66-2-150-1400~1402 FAX: 66-2-150-1403

沿革

1961年
(株)興人富山工場工務部門を独立し、機械事業所発足
1968年
アルミ表面処理設備用アルマイト搬送機を開発、販売開始
1971年
ドイツのオットケラー社と技術提携し、集塵機の国内製造販売開始
1979年
アルミ押出用後面設備を開発、販売開始
1980年
(株)興人より分離独立し、(株)興人機械製作所として新たに発足
1983年
メカトロニクス技術を応用し、アルミサッシメーカー向けにアルミビレット切断搬送設備を開発、販売開始
1986年
アルミサッシメーカー向けに形材積載装置を開発、販売開始
1987年
アルミサッシメーカー向けに形材解載装置を開発、販売開始
1988年
アルミサッシメーカー向けにアルミ型材用丸鋸切断機を開発、販売開始
1989年
原子力関連機器分野に進出
1993年
(株)興人に吸収合併、機械事業部として営業開始
1994年
ホットビレットシャー等の海外調達開始
1996年
アルミ押出用スクロール型ストレッチャーを開発、販売開始
1999年
(株)興人より分離独立し、㈱アルシスとして新たに発足(資本金3,300万円)
2000年
上部集塵式アルミ型材丸鋸切断機を開発、販売開始
2001年
アルミパイプ精密検査装置開発・販売開始
2002年
タイにALSYS(THAILAND)CO.,LTDを設立
2003年
アルミ押出用ウォータクウェンチを開発、販売開始、アルミ押出用後面設備を中国へ輸出開始
2004年
銅合金用丸鋸切断機開発・販売開始
2005年
アルミ押出用後面設備を中国へ輸出開始、150TONストレッチャー開発・販売開始
2006年
アルミスラブ鋳造設備開始・販売開始、ガラス搬送設備開発、アルミパイプ専用後面設備開発
2007年
プラー開発・販売開始、大型アルミ型材丸鋸切断機販売開始
2008年
17m×4m×250tmm大型プレートソー開発・販売開始
2009年
富山市婦中町に新社屋建設、移転
鋸径1.1m大型スラブアンダー切断機 開発・販売開始
2011年
THAI水害復旧工事 支援、施工(押出後面設備15ライン)
2012年
アルミ形材ツインソー開発、販売開始
2013年
ダブルプラー開発、販売開始
2014年
200トンスクロール式ストレッチャー開発、販売開始
タイにアルミスラブ鋳造設備販売開始、ベトナムにアルミ押出関連設備販売開始
アルシス 資本金6,900万円に増資、アルシスタイ 資本金2,020万バーツに増資
2015年
アルシスタイランド新工場完成
大型角度切り切断機販売開始、16m長尺材アンダーカット切断機開発販売開始